カレーとカレーのためのうつわ展:般゜若 (パンニャ)編

阪急百貨店で開催された『カレーとかれーのためのうつわ展』に行ってきました!!
関西の『カレーの名店』とカレー皿が多数出展し、催事場はカレーの香りで立ち込める、ただ、下階にはカレーのニオイがあまり漂っていない。阪急百貨店の空調のすごさにも驚きを隠せない、そんなイベントに行ってまいりました!!

お目当ては、皆様の推測通り大阪福島の『般゜若 (パンニャ)』お味を知っている店に行く必要があるのか?と言われればないかもしれませんが、『般゜若 (パンニャ)』のカレーを一口でも多く頂きたい近藤は、まず行かねばなりませんね。というコトで1日目は『般゜若 (パンニャ)』。

熟成ビーフカレーです。
インドカレーです。
そもそも、インド人はお肉をおいしく食べるためにスパイスを調合していったそうで、それをカレーとして、日本人に紹介され広まっていったそうです。
で『般゜若 (パンニャ)』の熟成ビーフカレーはというと、スパイシー。
当たり前か。
カミソリのように鋭く初めのスパイスが口の中を裂き、そのあとからまろやかなスパイスで香りを楽しむ。
辛い刺激は一瞬だけで消え去り、次の一口を頂くときには口の中はスッキリしている。そんな、心地良いカレーです。(でも、ジャワカレーの辛口より辛い)

ただ、押し寄せてくるいろんなスパイスが最後の一口まで飽きないコトが特徴の『般゜若 (パンニャ)』のカレー
美味しくいただきました<m(__)m>

第2回目となった『カレーとカレーのためのうつわ展』
こういう〇〇展に行くと、いつも〇〇ファンは関西にこんなにもいたのか?!と感動すら覚えます。

『般゜若 (パンニャ)』の大将と器
手元のカレーよりもエプロンの方が目立ってないか?
いや、目立っている【山下達郎エプロン】

あの辛さで★3ッつか。
だいぶ辛いぞ!!
大滝詠一もサンキュー言うてる!!

って山達ファミリーですね。

そんな大将とツーショットを撮って頂きました。
もちろん僕も正装で『ROT』Tシャツで(ライドオンタイムTシャツね)

ついに、大将とコラボした瞬間です。
山達トーク、ありがとうございます!!

一度、好きなものができると、いろいろ比べたくなる性格で、いろんなカレー屋さんを渡り歩き、やっぱり『般゜若 (パンニャ)』が最高!!となるのですが、逆に考えると『般゜若 (パンニャ)』が最高なのを確かめるためにいろんなカレー屋さんを巡っているという解釈もできます、正直、脳みその中身がわからないので、その辺が自分でもわからなく、まだまだ、いろんなカレーを食べたいと思います。
谷口カレーとか旧ヤム亭とか(*^^)v

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする