スターバックスリザーブ[STARBUCKS RESERVE]大阪

スターバックスリザーブ[STARBUCKS RESERVE]大阪

自らのチョイスでスタバを選んだことはないのですが、『ちょっと変わったスタバがある』との情報を入手し、早速GO!!

何が変わっているのか?
ハンドドリップをしてくれる”スタバ”が大阪にもある!!
見たことがないですよね、GOしてきました!!

その名もRの紋章、スターバックス[STARBUCKS RESERVE]ですね、ルクアとルクアイーレの間の地下2階にあります。
ルクアイーレの2階にもスタバがありますが、そこは普通のスタバ!!
地下2階ですよ地下!

ハンドドリップしてくれるスタバ

スタバといえば(エスプレッソ)マシンでコーヒーを抽出してくれるのが、普通の光景ですが、スターバックスリザーブは違います!!
・サイフォン
・ハンドドリップ
・コーヒープレス
・機械2種
自分の好みでコーヒーの抽出を選べるスタバ!!はじめて見ました!!

基本人力が好きな僕は、ハンドドリップを選択!!
コーヒーを淹れてくれている時間、バリスタさんとのトークもコーヒーを飲む楽しみの一つですよね!!

豆を選べるスタバ

スターバックス的に、普通のスタバとスターバックスリザーブの一番違う点は『コーヒー豆の厳選度合』基本的にはシングルオリジン(一種類の豆・ブレンドではない)豆で、その品種のコーヒー単体で勝負する直球勝負のお店です!!
この日は
・スマトラ
・コスタリカ
・グアテマラ
・コロンビア
・ウガンダ

の、5種類から選べました!!
コロンビアなんて、1杯1,520円!! こんなに高いコーヒーはコーヒースタンドでは、ほとんどお目にかからないですよね!!
深煎りがちょっと苦手なので、一番ライトなグアテマラを頂きました!!

スタバの焙煎度合(妄想)

コーヒーの焙煎具合を簡単に言うと浅煎り・中煎り・深煎りの3種類、個人的には、煎り方でコーヒーショップの味の方向性が9割決まる!! と、妄想しており。究極に重要な作業が焙煎!!
僕的に簡単に分けると
・昔からある喫茶店のコーヒーの味が深煎り
・コンビニコーヒーが中煎り~深煎り
・最近のコーヒースタンドは浅煎りが多い

無理やりざっと分けると、こんな感じですが、スタバの焙煎具合は全部、深煎り。

店員さんに『浅煎りないの?』と質問すると。
若干、話がかみ合わなかったので、スタバには、煎り方で味を調整するコンセプトがないのかもしれない。
ただ、一口のんで、『スタバの味だな』と、思えたので、煎り方ではなく、豆の味を違いをきっちりと区別できるように、全部同じ煎り方、もしくは深煎りの中にもかなり細かい方向性があり、ちっぽけな僕の脳みそを超えて、ブランディングできているのかもしれない。
目隠しして飲んでも、スタバだなとわかるぐらい、スタバ。

ブラックエプロン軍団

スタバのスタッフのエプロンの色は?
緑ですね。
スターバックスリザーブのスタッフのエプロンは”黒”
ブラックエプロン軍団
通常のスタッフより、豆の知識・接客がスペシャルなスタッフが”ブラックエプロン軍団”

接客のトークの駆け引き(お客様一人ひとりに対してのトーク内容、トーク量)のさじ加減、レジ中に迷われても嫌な<m(__)m>ひとつしない。※優柔不断な僕は、、、スイマセン。
店の外にまで並ぶ行列を、嫌な顔一つせずに、気付いたら全部はけている、処理能力。
接客をしていない最中の表情もステキ。例えるなら、F1でいうコーナーとコーナーの間の走り方が上手い、ルイスハミルトンやミハエルシューマッハ。
※例えが一般的でなくスミマセン

ブログを書きながら、想いおこせば、あの感覚はディズニーランド。
正直、浅煎り派なので、好みの焙煎の方向性ではないけれども、店を出た後、また、行きたくなる魔法。
人間力が、ヤバイ。
そんな、ディズニーランドを超える”ブラックエプロン軍団”たまりません。

サードウエーブも黒船

コーヒーには今まで3つの波があるとされていて
・昭和の喫茶店の流行
・平成のシアトル系コーヒーの流行
・令和のシングルオリジン(浅煎り)コーヒー

そんな、セカンドウエーブを牽引した『スターバックス』が、サードウエーブをも牽引すべく、のろしを上げた”スターバックスリザーブ”
キッチリ ”スタバ感” を残しながら、サードウエーブにのっかってくるスターバックスを、好きになってしまったのはココだけの話です。

東京に、スターバックスリザーブの総本山(バカでっかい焙煎機)があるので、ぜひ、拝みに行きたいですね。

『スターバックスリザーブ』とは

■スターバックスルクア大阪地下2階店
住所:大阪府 大阪市北区 梅田3-1-3 LUCUA osaka地下2階
電話番号:06-6151-2659

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする