エンバンクメントコーヒー【EMBANKMENT Coffee】:大阪北浜

一般的にはオフィス街、北浜。僕からすればお洒落な街、北浜にあるエンバンクメントコーヒー【EMBANKMENT Coffee】オーラを放ちすぎています!!

2年ぐらい前、阪神百貨店のコーヒーイベントで出会って以来のご対面です!!
その時は、特に印象もなく、珍しいホンジュラス産の豆のコトを楽しそうに語る店員さん。しかも、というイメージしかなくかなり放置していたコーヒー屋さんです。
※そこまでホンジュラス産のコーヒーが珍しいわけではないので、放置していたのかも。。

ただ、最近なぜか気になり始める。
理由はわからない。

なので、行ってみた。

シンプルでお洒落。
とにかくお洒落空間。

基本TO GOのテイクアウトで紙コップでコーヒーをいただくスタイルが好きな僕は、店内イートでも紙コップを所望。

その時点で、ちょっと変わった人と思われたかもしれない。

お洒落なパッケージ

シングルオリジンコーヒーで焙煎もすべて浅煎りのこだわりよう

実は、お洒落な空間に訪れ、自分もお洒落な部類に入りたかったかもしれません。

店内から望むことのできる天神川。
川を走る遊覧船のお客様と目が合う距離
朝のゆったりとした空気が、さらにゆったりと、贅沢にお洒落な気分にさせてくれる。

いや、お洒落だ。
エンバンクメントコーヒー【EMBANKMENT Coffee】にいる俺はお洒落だ。

違うな。。。

そんな気分にさせてくれるエンバンクメントコーヒー【EMBANKMENT Coffee】

お味ももちろん抜群で、エチオピアの独特な酸味をナチュラルに

一言でいうと、ナチュラル系。

コーヒーを持ち帰りではなく、店内で楽しむコトを覚えました。
空間+コーヒーでさらなる深みにはまりそうです。
そもそも、目に映るものはすべて気になる性分なので、家具の一つ一つに『この大将はなぜこのチョイスをしたのか?』と妄想を繰り広げたり、下の写真でいうと
なぜ、キッチンの上だけは照明の器具が黒のチョイスにしたのか?
妄想すればするほど、時間が過ぎるのを忘れてしまい、ゆったりとした空間のなかで、俺ってコーヒーが似合ってる。。と、そんな思いも膨らませながら。。

お気づきの方も、いらっしゃると思いますが。
コーヒーの紙コップにフタがないので、帰りがけに。受付にあるフタをとっているとき、大将からのひと言

『飲むときは、フタをとってくださいね!!』

そんなことを言われたのは初めてだ!!
香りと味を同時に楽しんでほしいからだとか。

確かに、フタがあると、ちっちゃい穴からコーヒーを飲むので、香りを楽しみながら、コーヒーをいただくことができない。

コーヒーの楽しみ方をまた一つ教えていただいた。

コーヒー好きの店員さんから、さらにコーヒーを楽しむ方法を教えていただくというコトはとっても嬉しいし、ありがたいことですよね!!

ただ、僕はそそっかしいので、フタなしで持ち歩く根性はなく、まずちっちゃい穴から香りを楽しみすぐに飲む。方式を採用しようと思います。

コーヒー好きの方はご存知かもしれませんが、コーヒーの味マップ。
コーヒーの味には世界共通で、味のマップがあるんですよ!!

ただ、僕にはさっぱりわかりません。。
し、そこには興味が、、、、、、わきません。。。


味の違いはわかる男です。。
多分。

余談:
百貨店のイベントなどで、コーヒー屋さんや食べ物屋さんが来ていることも多いけれども、コーヒー屋さんでいえば、水がそのコーヒーショップのある水質と違うかったり、ミルを百貨店のものを使ったり。
なにかと制約が多い中のイベントなので、その実店舗のポテンシャルを100%発揮できているのか?という疑問が残るところだし、以前そういう生ボイスをキャッチできた。
なので、イベントでは方向性を確認する程度にして、イベントで少々難があっても現地に足を運ぶべきだ。
というコトを、今回身に染みて感じた所存です。

イベントの時とは全然イメージが違った♪♪

十分な個性を放ちすぎている。

right now!!

ジブンがオシャレになった気分度:★★★★★
大将のコーヒー好き加減が伝わる度:★★★★


■エンバンクメントコーヒー【EMBANKMENT Coffee】
場所:
541-0041
大阪府大阪市中央区北浜1丁目1−23

営業時間:
平日 11:00~19:00
土日祝 8:00~18:00

TEL:
080-4340-1701

テイクアウト可

HP:https://elmersgreen.com/collections/embankmentcoffee

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする