ソロショット編:近藤巌inダナン(ベトナム)

食べ物に詳しくないのに(味覚は敏感)、食べ物にまつわるエトセトラばかりブログに書いていたので、食ブロガー化していた近藤巌です。

もしかしたら、初の食以外のブログですね!!
先日、社員旅行でベトナムのダナンに行ってきました。
歳を重ねるごとに高所恐怖症と揺れているもの恐怖症が増し、飛行機に乗るたびにコレを最後にしよう!!と思いながら、海外の誘惑に負けて、血の気を引かせながら飛行機に乗っています。
※正直誰かの手をつないでいたいぐらい。
※セクハラ・パワハラなので我慢します。

ちなみに、最高にニガテ&恐怖を感じるものは風です。。。。。。
風が建物や車にあたる音&それに付随して起こる揺れ。
全身の血の気が引き、立ちすくみますね。

しょっぱなから、どうでもいい話で、、、、スイマセン。
ダナンですね。

今回のブログでは、ソロショット特集。でお送りしてみたいと思います<m(__)m>

■ミーソン遺跡
ミーソン遺跡から2ショット。
今回の旅行は映え。※俺だけか。。
映えのポイントは、荷物を持たない。
リュックを写真に写らないところに置くのがポイントです。
※置き引き注意
※なぜか、旅行の途中からスタッフも映え写真&荷物なしが流行し始めました。

どうでもいい、話が膨らみますが、乃木坂のPVでも登場するミーソン遺跡。古代建築の
・なぜ、それを建てたのか。※ファンキーな人(王様)がいたから
・なぜ、そこに建てたのか?
・重機もないのにどうやって建てたのか?
・なんで、こんなにファンキーなデザインなのか?
・古代人のロマン
そんな妄想が止まらないので、昔の次代の建造物は大好物です。

★衣装:山下達郎2018ツアーT

■バナーヒルズ
巨大な手が、ゴールデンブリッジを支えるベトナム ダナンの観光名所。
最近つくられたものですね。
近代建造物です。
近代の建造物の目的は間違いなく客寄せですよね。
そんな建造物にはロマンではなく、お金のニオイしか感じる事ができないので、妄想は全くふくらみませんが、なぜか行ってみたくなるスポットではありますよね。
ネタがてら。
もしかしたら、アジアには『山奥に橋』という組合せがキャッチーナのかもしれませんね。

★衣装:山下達郎の師匠、大滝詠一T
※若干旅の疲れが出ている表情。

■ブンボーフエ
どうやらベトナムのリアル現地飯。
タクシーの運転手さんに連れて行っていただいた、リアルフード。
こういうの大好物です。
※今回はソロショット特集なので、料理の写真は出てきません<m(__)m>
ウキによると、

ブンボーフエベトナム語bún bò Huế / 𥻸𤙭化)は、ベトナム中部都市フエ名物の米粉牛肉を用いた料理。太麺を用いた牛肉ライスヌードルで、庶民に親しまれている。

だそうです。
正直、美味しかった。
リアルフードはかなりの確率で一番おいしい。
1杯100円

■ミーケビーチ
世界有数のロングビーチである『ミーケビーチ』
ご覧のとおり、15時ごろはほとんど人はいません、コレが夕方になるにつれ人がわんさか!!
日本とは違い、暑い時間に海に入るのではなく、涼しくなってから海に入る。
23時ぐらいも盛り上がっている。
文化の違いを感じました。

■ダナン大聖堂
ダナン市街地の中心部にある、ピンクの大聖堂。
戦時中にフランス軍が駐留していたので、その影響だそう!!
写真では、人けのない厳かなダナン大聖堂ですが、写真家でもある僕は、写真に撮られる時も妥協しません。
だいぶ、人待ちしました。
一瞬のスキをすいてのこのショット。
感無量です。

★衣装:ホーリーさんの山下達郎T って見えないナ。。

正直、誰と旅行に行ったのか。
一人旅だったのか?
まったく今日のブログでは見え来ませんが、かなりの盛り上がりっぷりです。

続々と続編を書いていきますので、飽きずに皆様よろしくお願いしますね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする