スタバ『コールドブリューソーダ』:トニックコーヒー

オシャレな場所は苦手なので、スタバは避けてます。
訂正
タバコが吸えない場所なので、スタバは避けてます。

と、いきなり、現代人としてイケてない書き出しですが。
母親の実家である鹿児島で、たばこ畑が広がっていた光景を今でも思い出します。

と、ますます話がそれていきそうですが、なぜスタバに行ったか?
スタバに『トニックコーヒー』がある、という情報を入手したから。。

まだまだ、市民権を得ていない『トニックコーヒー』初耳の方も多いのでは?と思いますのでざっと解説。
トニックウォーターをコーヒーで割ったものが『トニックコーヒー』です。
ざっくりし過ぎですね。

僕も2ヶ月前までは、トニックウォーターと炭酸水の違いがわかりませんでした、ハイ。

いまだに、トニックウォーターが何なのか?
分かっていませんが、トニックウォーターの味は、グレープフルーツジュースをもっとまったりさせて、甘みを少し引いた味。
我ながら、的確な表現だと思います。
興味を持たれた方は、スーパーで購入してみてください!!
500のペットボトルサイズが98円ぐらいで売ってます。
ただ、コンビニでは見たことがないので、スーパーに行ってくださいね。。
ちなみに、ジュースのコーナーにはありません、お酒コーナーの端っこにハイボールを割るソーダの横に、チョコンと並んでおります。
何度も言いますが、気を付けないといけないのが『トニックウォーター』と『炭酸水』は違うというコト!!

案の定、話がそれすぎてしまったので戻します。
スタバのトニックコーヒー『コールドブリューソーダ』

カンのよい方なら、お気づきかもしれませんが、名前に『ソーダ』と入っています。
そうなんです、厳密にいうと『トニックコーヒー』ではなく『ソーダコーヒー』
なので、甘酸っぱい炭酸感はありません。。。

ただ、コーヒーを炭酸系の飲料で割っているというコトで、同じジャンルというコトで、このまま書き続けます。

味は、スタバのコーヒーを炭酸水で割った感じ。。

やっぱり『トニック』と『炭酸水』では全然違う。
飲んだ時の『こうなるのね』という興奮からの妄想も膨らまない。。
けれども、発見はあった。

スタバのような深煎りコーヒーではなく、コーヒーのサードウエーブと言われているコーヒー屋さんが得意とする≪浅煎り≫コーヒーの酸味トニックの酸味が僕に興奮を与えてくれる。。

というコトに気付いた。
※ただの酸味好き??

コーヒースタンドによって違う焙煎(ロースト)具合、にどのトニックをかけあわせるか?
※メーカーによって、トニック味も粘度も若干違う。ペプシコーラとコカコーラまでの違いはない。

ただ、『トニックコーヒー』の面白いトコロは、『トニックウォーター』にも味があるので、コーヒー屋のコーヒーの個性が感じられるか?感じられないか?
というところが、僕の『トニックコーヒー』ライフの楽しみ方。。

まだまだ、市民権を得ていない『トニックコーヒー』を夏のアイスコーヒーにとってかわる定番にすべく。じゃんじゃんトニックコーヒーをご紹介していきますね!!

今日のまとめ
・スタバの『コールドブリューソーダ』は『トニックコーヒー』ではない。
・割っている炭酸水はウィルキンソンのTANSAN

あっスタバは『コールドブリュー』なので、水出しコーヒーね。
※コーヒーの抽出方法にもコーヒー屋さんによって違いますよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする