大阪の中崎町にあるコーヒースタンド『ハイクコーヒーロースターズ』が進化していた件

御無沙汰しながら、通う大阪の北区中崎町、いや、厳密に言えば中崎町の隣の黒崎町の天五中崎商店街にある『ハイクコーヒーロースターズ(HAIKU COFFEE ROASTERS)』に行ってきました。
ロースターズというぐらいだから、もちろん自家焙煎です!!

ご無沙汰しながらとは言いながら、前回行った時から1ヶ月もあいていない。
コレをご無沙汰というのか?言わないのか?

店主から入店時に『お久しぶりです~!!』と言われたが、1ヶ月、期間があいたらお久しぶりなのか?
僕の中では1ヶ月、期間が相手もプチ常連のキブンでハイクコーヒーに入店したのだが、プチ常連と思い込んだ自意識過剰が恥ずかしい。

グーグルのSEO対策のセオリーに反した文章の書き出しですが、コレもジブンのキモチをおさえることができないので、そんな寄り道が多いノリで文章を書いていきますね!!

大阪のオシャレな若者が集う町といえば、ミナミの堀江&船場。
大阪のキタに絞れば中崎町といった感じ?
東京で言えば下北沢。。。
違うか。。

そんな、関西の自称オシャレっ子が集う町、中崎町に隣接する黒崎町にある『ハイクコーヒーロースターズ(HAIKU COFFEE ROASTERS)』中崎町から天満に抜ける【天五中崎商店街】の真ん中らへんから、一筋入ったところにあります。

2年ほどご無沙汰しながら、通っていますが、先週頂いた浅煎りのケニヤが進化していました!!
■外見
茶色のスリーブ(カップまわりの茶色のヤツね)が加わり、保温性がUPしHOTコーヒーを持つ時に熱くない、さらには、ハイクコーヒーのイメージカラー『ブルー』とスリーブの茶色が締まって見えてオシャレ。
スリーブがあるだけで、コーヒーがなかなか冷めないのでうれしいですよね!!

オシャレかつ機能性がUP

■中身
『ハイクコーヒーロースターズ(HAIKU COFFEE ROASTERS)』の中で一番浅煎りのケニアを頂きましたが『さては、焙煎を変えたな』と思わせるような、浅煎り感が研ぎ澄まされてシャープさが増したような気がする焙煎。
※コーヒー屋は焙煎が命
※ひとことで言うと、グッと僕の好み(好みは人それぞれ)

生(き)っぽい・若々しい・シャープ・豆本来の味

※僕がそう感じただけで、コーヒー屋の大将がどこを狙っているのかはわかりません。

浅煎りが浅煎りすぎて、『半生や』というコーヒー屋さんもいるし、深煎りが深すぎて『こげとるやないか』というコーヒー屋さんもいます。
コーヒー屋の大将にも、お豆さんにたいしいろんな解釈が存在し、それがコーヒーの奥深さで、僕たち飲む側の人の楽しみでもあります。

なので、コーヒーにはいろんな解釈が存在し、いろんな焙煎があります。
どれが正しくて、どれが正しくないかもありません。

コーヒー屋さんの焙煎コンテストなどもありますが、僕が人よりか詳しい美容業界と同じように、審査する審査員のメンツやトレンドによって、仕上げ方(アプローチ)が変わります。
なので、コンテストで優勝したコーヒー屋が美味しいのか?
と言われれば、ベースの技術はやはりずば抜けているので美味しいのですが。

自分にとって、最大級に美味しいのか?

が一番大事なコトであり。

・コーヒー屋に向かう道中がワクワクするのか?
・大将とのトークが楽しいか?(店の雰囲気が心地良いか?)
・やっぱりそこのコーヒーが美味しいか?
・コーヒー屋から帰る道中もワクワクの余韻があるか?

全てのファクターがそろって、また行きたい店になるよね。
※個人的にはトークのファクターは大きい気がする(商品が良いという前提で)

いつも通り話がそれていきますが、今日、思ったことは。
『俺は進化しているのか?』

何をどう比べているのか?
自分の脳の構造が自分でもわかりませんが、『ハイクコーヒーロースターズ(HAIKU COFFEE ROASTERS)』の味の進化に刺激を受けたのは間違いない。。

いつもありがとうございます!!

また、ご無沙汰ぶりに行こうと思います♪

あっ、常連さんだけが注文できる、気になる裏メニューがあるので常連さんに少しでも近づきます<m(__)m>

=======================

ハイクコーヒーロースターズ(HAIKU COFFEE ROASTERS)

大阪の中崎町にある自家焙煎のコーヒーショップ

場所:〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町3−23−3
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日

ハイクコーヒーのインスタグラム
https://www.instagram.com/haikucoffee

ハイクコーヒーのお豆の通販
https://haikucoffee.thebase.in/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする