THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)大阪の塚本:コーヒー

コーヒー

コーヒーの香りに対して、こだわりが詰まった塚本の喫茶店『THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)』にモーニングを頂いてきましたよ!!

塚本の本店と心斎橋にもWEST店がある『THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)』

SNSを見るとインスタ映え系のチャラい店かと思いきや、コーヒーへの愛情がハンパなく詰まったステキなお店でした!

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)

 

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)に行ってみた

普段、喫茶店(コーヒースタンド)に、コーヒーを飲みに行くことがあっても、喫茶店で『モーニング』を頂く、という習慣がないので、ちょっとした遠足気分です!!

遠足気分というのも、THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)はJR神戸線の塚本にあり、僕の普段使っている足は阪急神戸線なので、最寄駅は十三。
なので、十三から僕の足で歩いて20分(スローペースです)なので、コレはもうプチ遠足ですね。
”塚本”という地に初めて上陸したので、これもプチ遠足の条件に認定されますよね!!

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)の注文の仕方

まずはレジで注文するスタイル。
スタバ方式ですね。コレは、僕にとって迷ってしまうスタイル。

着席してからゆっくりとメニューを見ながらたっぷり迷う生き方を今までしてきたので
下調べをほとんどせずに入店すると、尋常じゃないぐらいに迷う。

大将の殺気と圧を感じながら迷う。

たぶん、店内に朝から流れるクラブミュージックが、『この店はただ事じゃない』というオーラに拍車をかけているのは間違いない。

そんなわけで
ホットケーキっぽい物を頼んだ。

番号札がオシャレ

ホットケーキ パンケーキ

殺気から解放され
今までに見たことのない重みのある番号札を渡される。

ただ、今までに見たことがないというだけで、これから出てくるホットケーキみたいなものやコーヒーもただ事じゃない予感を感じ、ワクワクが自然と増してくるのは間違いない。

モーニングが出てくるまでに圧倒されっぱなし。

ただ、店内が不思議と心地いい空間なので、待ち時間も苦にならない。

映える空間『THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)』

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)

待っている間に、自撮り。
自分で撮ってないから、ポートレート撮影か

オシャレな空間に来ると、どうしても自分がオシャレになった気がして、ジブンとその空間のコレボをしたくなりますよね!!

一緒に行った事務員でコーヒー活動家のゆいPに、写真の撮り方のダメ出しを言いながらベストなショットが撮れました♪

ワタシの頭、ハチが張ってるな。。。

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)のモーニング

コーヒータイムのホットケーキ

カジカジ好きにはたまらないであろう、いい意味で店内はちょっとゴチャっとした感じ。そんな店内なのに、カトラリーのフォークやナイフがポルトガル製のクチポールだったり、キレイな器だったり、ずんぐりむっくりしたガラス製のマグカップだったり。
そんな、気取った感じじゃなく、サラッとオシャレに店内の雰囲気になじませている感が最高!!

厚切りジェイソン

アンティークのアデリアグラス

そもそもコーヒーを目当てに『THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)』に来たのですが、店主の殺気にやられて、メニューを熟読できなかったので、
『コーヒーは選べないんだ~』
と、少々がっかりしており、『モーニングのコーヒーなので、作り置きのサーバかポットだろうな』、と、コーヒーの味にはなかばあきらめていましたが。。。

が、ですよ!!

カリタのウエーブでドリップ。
この時点で、クセモノ感。

ずんぐりむっくりな、ガラスのマグカップにコーヒーの香りをかぐと。
今まで、香ったことのないコーヒーの香りの華やかさ。
正直、普段はTO GO(テイクアウト)派なので、『紙コップに蓋』というスタイル、自分でドリップして淹れる時も、『紙コップに蓋』というテイクアウトスタイル。
なので、コーヒーの香りをかぎなれているか?
と言われれば香り歴は浅いと思いますが、
個人的な見解で

コーヒーの香りとコーヒーの味が一致しているお店は少ない。

香って、いい香り、飲んでガッカリ。
というパターンは結構多いですよね。
※なぜそうなるのかわかりません、たぶん焙煎だと思う。

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)は、香って興奮、飲んで感動。
今まで蓋派だったのですが、コーヒーを香りながら飲む幸せを久しぶり、いや、初めて感じたかもしれない。
そんな衝撃的な味!!

塚本のコーヒー屋さん

 

帰り際に、殺されるのを覚悟で勇気を振り絞り感動を伝えてみました。
大将にすごく、いろいろ教えて頂きました。
コーヒー好きに悪い人はいませんね。

『エチオピア』のデメルソとのコト。

『エチオピア』と聞いてまた驚き!!
普通、『エチオピア』といえば、酸味があり独得な感じがあるのですが、全くそれがない。
不思議な感じの『エチオピア』
焙煎機は(たぶんアナログ)のフジローヤル
フジローヤルでこの焙煎、よっぽど独特な方向性の焙煎。

コーヒーを頂く前に、この情報を知っていれば、うんちく+コーヒーで5倍以上は美味しくコーヒーを飲めた気がする!!

いろんなコーヒー屋さんに行きますが、『〇〇の味に近いな』というコーヒー屋さんが多い中、僕の経験上、よその店とはかぶらない『THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)』の味と香り。

塚本のTHE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)

こりゃ、また行くしかないナ。

===========================

THE coffee time HOME(ザ コーヒータイム)

大阪府大阪市淀川区塚本2丁目14−7 藤和塚本コープ 1F
電話: 06-6459-9351
営業時間:8:00~19:00
定休日:木曜日
HP: http://thecoffeetime.info
インスタグラム:THEcoffeetime.home

タイトルとURLをコピーしました